私は、つい鼻の下を擦ってしまうみたいです。

 

「みたい・・・」というのは、

先日、三歳の甥っ子が、最近身近な人の口癖を覚えてしまって、

それが「困ったね」と話題に上ってた時、今度は鼻の下を擦っていたので、

私が「また誰かの癖が移ったんじゃないの?」と言ったら

「あんたでしょ!」と母。

 

その時、一瞬「え?!」と信じられませんでした。

 

30年近く生きてきて、擦ってる事を実感した事は一度もありません。

 

ただ、よーく自分を観察してみると、もともと人と話すのが得意じゃない為、

ある程度距離をとって人と接してしまいます。

 

会話が私の話題になると「注目されるのが苦手」という心理が働くのか、

鼻の下をずっと擦って、やや俯き加減になってしまう自分に気付きました。

 

ネットで調べてみると、この行為はそもそも、

鼻の下を擦る事が目的なのではなく、口を隠す行為と同様の意味を持つそうで、

「自分の表情から心理を読み取られないように」無意識にしているとの事。

 

なるほど・・・、当たってるかもしれません。

 

それ以降、意識して止めようとは思うのですが、

そうなると今度は顔を見られないように、もっと下に俯いてしまったり、

しまいには人との距離を不自然に離してしまったりと、うまくいきませんでした。

 

この鼻の下を擦るという行為は、

ある程度、他人と円滑なコミュニケーションを取れる距離感を保ちながら、

自分の心を防御出来る最善策なのかもしれません。

 

今も開き直って、この癖を続けています。

 

甥っ子も真似してやってくれてます。