私は、よく人差し指を「コ」の字型に曲げて鼻の下に当ててしまいます。

 

どういう時にするかというと、ほとんどが社内での打ち合わせや、

お客さんとの打ち合わせの時にやってしまいます。

 

最初は癖というよりも、意図的にやっていた気がしますが、

もう完全に癖になってしまいました。

 

最初は、打ち合わせの時に人差し指を「コ」の字型に曲げて鼻の下に当てていると

何か凄くよく考えているように他の人から見えるのでは?と思い、始めました。

 

実際に私の周りに、この仕草をしている方がいたのですが、

その人の仕草を見て、本当にそのように見えたからです。

 

お客さんとの打ち合わせで、この仕草をやり始めてからは、

実際に、提案が、その前よりも通る事が多くなりました。

 

それと同時に、

「本当にうちの会社の為によく悩んで考えてくれている」と、

感謝された事もあります。

 

それからというもの、考えている時などは、この仕草をやるようになり、

今では完全に癖になってしまいました。

 

おかげで、社内でも信頼されるようになり、評価も上がり、昇進もしました。

 

実際に、この仕草のおかげかどうかは定かではありませんが、

きっかけになっている事は間違いありません。

 

自分に何か自信が付いたような気がします。

 

しかし、この癖には問題もあります。

 

それは、汚い手でこの癖をすると、鼻の下にニキビが出来てしまう事です。

 

若い時などは、本当によくニキビが出来てしまいました。

 

特に鼻の下のニキビは、とても目立つので、参ります。

 

それでも、もう癖なので、どうしてもやってしまいます。