私は、人と話をしている時に、何気無く右手が口元まで移動して、

親指と人差し指で、まず唇の上側を挟むように触ってしまいます。

 

何度か触っているうちに、

次第に鼻の下辺りを頻繁に触ってしまうようです。

 

特に意識もしないのに、勝手に指が動いてしまうようです。

 

別に特別緊張したからとか、

気構えたとか、

あるいは照れくさかったとか、

というような事が全く無くても、ふと気が付きますと、

鼻の下辺りに、右手の指があるのが分かる事が多くあります。

 

鼻をこする007

イラスト by sakura

 

バスガイドさんのイラストコンペ

受賞作品



何か考え事をしている時は、やはり右手をグーにして、

顎の下に当てている時があるのに気が付いたりします。

 

そして、その形から今度は、手のひらで、

顎を受けるような感じの形になっている事も行っている感じです。

 

そして、両手で顎を支えたかと思うと、

次は右手の親指と人差し指で両頬を摘まむような形に

変化している事に気付きます。

 

そうこうしているうちに、

唇から鼻の下辺りに完全に指が移動して、

触ったり摘まんだりしている感じです。

 

なぜ、このような仕草になってしまうのか、

あるいは、なぜこのように、決まったように鼻の下辺りに指が行くのか、

まったく不思議と言えば不思議そのものといった感じです。

 

よく考えてみますと、一人で何かの作業をしている時でも、

同じように右手の親指と人差し指は、鼻の下辺りに移動して、

しっかりと鼻の下辺りを触っている事を確認する事も出来ました。

 

ある意味、クセという事になるのでしょうが、

多くの人に共通する事ならば、人特有の動作なのかもしれないと思います。