私には、昔っから注意をされても、なかなか止められない癖があります。

 

それは、つい鼻の下に指を当ててこすってしまうというものです。

 

私も、もう大人なので、

決して常に鼻を垂らしているという訳では無いのですが、

なぜか止められません。

 

というか、子供の時から別に鼻を垂らしていたという訳ではないのです。

 

かといって、鼻の下がかゆいという訳でもなく、

本当にただ単に癖なんです。

 

このタダの癖であるというのが本当に問題で、

取引先のお偉いさんとの商談中でも、つい手が鼻の下に行ってしまい、

不思議そうな顔で見られるという事も多々あり、

気まずい空気になった事もかなりあります。

 

そんな私の癖ですが、一度だけいい思いをした事があります。

 

今から数年前、某SNSに登録し、

小学校時代の初恋の女性と数年ぶりに食事をする事になった私。

 

10年以上会っていない女性という事で、

なかなか会話が弾まず話題を探している時でした。

 

つい、また自分の手が鼻の下へ行くと

「フフフッ、その癖、あの時と変わってないね」、

小学生の時に戻った時のような笑顔の彼女が、そこにはいました。

 

それからは話も弾み、楽しい食事をする事が出来ました。

 

まぁ、彼女には彼氏がいたので、

それ以上先には進まなかったのですが、

それでもこの癖があったからこそ

昔と変わらない笑顔が見れたんだと思います。

 

今まで生きてきて、

この癖があって良かったエピソードはこれだけなのですが、

こんな癖とこれからも一生うまく付き合っていこうと思います。