私は、鼻の下をこすったり触ったりする癖があります。

 

恥ずかしかったり、照れたり、緊張したりすると、

知らず知らずのうちに出てしまう癖です。

 

頑張らなければ!と気合いが入ると、

なおさら頻繁にやってしまいます。

 

この癖の事で、忘れられない出来事がありました。

 

一昨年前の事です。

 

とても久しぶりに舞踊で舞台に立つ機会(発表会)を頂きました。

 

舞踊といっても、私の主な出番は、パフォーマンスに近いもので、

自分達の創作なので、さほど緊張していませんでした。

 

しかし、違うパート、出演者全員で会の最後の曲を踊る為、

これもまた、とても久しぶりに振り付けを頂いたのですが・・・。

 

どんなに短い振り付けでも、

きっと1回の稽古では覚えきれない!と思って、

稽古風景をビデオ撮影していた仲間に

ダビングしたビデオを送ってもらって確認したら、まあ大変。

 

一振りもらっては触り、一振り踊っては触りと、

鼻の下ばかり触っていました。

 

振り付けの確認どころか、自分に対して

「鼻の下ばかり触ってないで真面目に踊りなさい」と

ツッコミまくってしまいました。

 

この時に懲りたからか、

次回の稽古では、さほど触らずに済みました。

 

もちろん本番の発表会でも舞台の上では触りませんでした。

 

この一件以降は確実に鼻の下を触る回数が減りました。

 

「他人からどう見えるか?」の視点もありますが、

この場合は、自分で自分の癖を見て、

あんまりにも頻繁すぎてカッコ悪い・・・、と思うと、

癖は自然に減っていくという良い例なのではないかな?と思いました。