僕は、無意識に右手の人差し指を鼻の下に押し当て、

こすってしまう癖があります。

 

人と話している時も、パソコンをいじっている時も、

電車に乗る時も、パチンコをしている時も、

夜、布団に入ってからもです。

 

最初は、自分では気付かなかったのですが、

親や友達から、「鼻をこする癖があるね」と指摘され、

日常生活で、無意識に鼻の下に指が触れた瞬間、

「あ、まただ」と意識するようになりました。

 

なぜ、こんな癖が付いてしまったのでしょうか?

 

いろいろ考えてみました。

 

まず、普通にしている時と、鼻に手を当てている時とでは、

鼻に手を当てている時の方が、安心感が湧くような気がするんですよね。

 

変な話、自分のニオイの付いた布団に入ると安心するように、

自分の体の一部のニオイを感じていると、安心した気持ちになれるんです。

 

動物が、自分の縄張りを確保するような本能的な行動なんでしょうか?

 

まるで、箸が箸置きに置かれるように、

自然な流れで指が鼻の下に行き着いてしまうんです。

 

「箸置き」ならぬ、「指置き」。

 

それから、信号待ちや、駅のホームで電車を待ったり、

人と会話している時に間が出来た時、鼻の下に指が行く事にも気付きました。

 

よくタバコを吸う人に

「間を持たせる為にタバコを吸っているんだよ」と言う人がいます。

 

僕自身はタバコを吸わないので、

その意味が今ひとつピンと来なかったのですが、

指を当てる瞬間が「間」だとすれば、

なるほど、よく分かるような気がします。