まず、癖に気付いたのはコーチだった。

 

卓球をしていた私は、スマッシュやサーブのミス、

相手の攻撃を止められないと

「ぽりぽり」と鼻の下を掻いてしまう。

 

「お前なぁ、考えてるのか知らんけど、相手は苦手意識持ってると気付くぞ」

と言われてもぽりぽり。

 

一応、言い訳するけど、掻いている間、私は考えている。

 

打球の角度とか球の回転数とか、次はどこを狙えばいいのかだとか・・・。

 

しかし、うるさく言われるのも嫌だったので、

出来るだけ掻かないようにしていると、ムズムズ、ムズムズ・・・。

 

そんな感じで逆に考えがまとまりづらくなった。

 

学生のテスト中の貧乏ゆすり、野球選手がガムを噛む事、

会議後のサラリーマンの一服、そんな事と同じなのだと思う。

 

緊張感で精神的に疲れそうな時、

日常的な事を組み合わせる事で平静を保とうとするのだ。

 

そんな事を子供ながらに思っていたから、

鼻の下を掻く事を悪い事だとは思っておらず、

むしろ勝つ為の手段で格好いいとさえ思っていた。

 

今思えば、恥かしいな!

 

その癖が無くなったのは高校生になり、アルバイトをした時だ。

 

自宅近くのお菓子工場でアルバイトを始めたのだ。

 

工場の中は清潔でないといけない、食中毒なんてもってのほか!と、

ここまで書けば知っている人は気付くのではないだろうか?

 

黄色ブドウ球菌である。

 

この菌は、人の皮膚にいるが、体内に入ると食中毒になってしまう。

 

この菌が、人の皮膚のどこが好きかというと、鼻の下なのだ。

 

この事実を知らされて以来、私は緊張しても鼻の下を掻くのは止めた。