少し格好悪いのですが、私には人差し指をコの字型にして、

鼻の下をこすったり、強く押す癖があります。

 

なぜ、こうしてしまうようになったのかは、花粉症と深く関わっています。

 

私は、20年来、花粉症に苦しめられてきました。

 

花粉が飛び交い始める2月の中旬頃からはマスクは欠かせません。

 

それでも、花粉は鼻腔や口腔や目の中に入ってきて、

生体防衛反応として、激しいくしゃみや鼻水が

出っ放しになってしまいます。

 

特に激しいくしゃみは、突然始まると、制御出来ず、

周りの人の目は大変厳しいです。

 

2~3月の時期は、特に周囲の目は厳しく、

それは恐らくインフルエンザに罹患していると思い、

くしゃみをする私に対し、近寄るなと糾弾されているのだと思います。

 

とは言っても、このくしゃみは、我慢しようにも我慢出来ません。

 

バスや地下鉄や病院など公衆の面前に出るのが、

とても辛く、困っていました。

 

そんな時、あるテレビ番組で、生活の裏ワザを放映していて、

その中にくしゃみを止める裏ワザが紹介されました。

 

その方法とは、人差し指をコの字に曲げて、

鼻の下の人中線を強く押すと、くしゃみが止まるのだそうです。

 

これぞ天啓と思い、早速、試してみました。

 

効果は確かにありました。

 

それも、相当強く鼻の下の人中線を押す必要がありました。

 

でも、これで、突然の辛いくしゃみ地獄から解放されたのです。

 

おかげで、強く押す事が癖になり、いつの間にか押さなくとも、

鼻の下を人差し指でこする癖もついてしまいました。

 

少し格好悪いかもしれませんが、

くしゃみ地獄よりはいいと割り切っています。