彼女は、クラスで一番の美人だったのです。

 

僕の席は、彼女の左斜め後ろでしたから、

彼女にバレる事無く、ストーカーのような観察が出来たのでした。

 

それこそ、授業中と言う授業中は、

ほとんど彼女の一挙手一投足を見逃す事は有りませんでした。

 

きっと風邪気味だったのでしょう。

 

何だか左手の人差し指をコの字にして鼻に当てていました。

 

そんな仕草も可愛らしく思えました。

 

美人は何でも許されるのです。

 

そう確信しておりました。

 

しばらくすると、フッと振り向くのです。

 

僕の熱い視線に気付いてしまったか、熱い想いが伝わったか、

にっこり微笑むと、彼女は愛想笑いを返してくれました。

 

そして、反対の窓側へと顔を向けてしまいました。

 

僕は、少し寂しい気持ちになったのですが、

少し椅子をずらせば、逆に窓ガラスに映る彼女の顔を

しっかりと見る事が出来る事を知っていました。

 

そうして椅子をずらして目にした彼女は、

鼻の下に添えられた左手の人差し指を左右に往復させていました。

 

嗚呼、風邪気味だから仕方無い・・・。

 

彼女だって人の子、どんな美人だって排泄はするし、

いろんな癖があって然るべき。

 

そう納得させようと思っていた矢先の彼女の行為が

僕の視線から逃れる事は出来ませんでした。

 

彼女の左手の人差し指は、少しの躊躇の後に、

しっかりと鼻の穴へと入って行きました。

 

僕は、初めて彼女から目を反らしてしまいました。

 

そして、二度と彼女を見る事は無くなりました。

 

おかげで僕は授業に集中するようになり、成績が上がりました。

 

もちろん誰にも話してはいませんけど、

もしかしたらクラスのみんなが知っていた事かもしれません。

 

それに、結構そういう癖のある人って多いんですよね。

 

ただ、あまりに美人だったから、先入観を持っていたのでしょう。

 

彼女のそういう行為を認識するにあたり、

授業に集中出来るようになった事は、本当に良かった事だと思っています。

 

感謝さえしております。