私は考える時に、よく出てしまう癖があります。

 

それは、人差し指を「コ」の字型に曲げて鼻の下に当ててしまう癖です。

 

自分では気付かなかったのですが、人前で話していて、

そのテーマについて深く考えていた時に指摘されて、

初めて気が付きました。

 

言われてみると確かに、物事を深く考えている時に、

人差し指を「コ」の字型に曲げて鼻の下に当てています。

 

考える時、腕を組んだり、頭(額)を押さえたりするのですが、

考えが深くなると、最終的には人差し指を

「コ」の字型に曲げて鼻の下に当てています。

 

この癖は、私だけだと思ったのですが、インターネットで調べてみると、

他にも同じ癖を持つ人が沢山いました。

 

ある人の話によると、

人差し指を「コ」の字型に曲げて鼻の下に当てて考え込んでいる人は、

外から見ると知的に見えたり、真剣に考えているように見えるそうです。

 

またある人は、商談中に故意に人差し指を「コ」の字型に曲げて

鼻の下に当てて考え込んでいる振りをしたら、

相手から自分の会社の事を本気で考えていると思われ、

評価が上がったそうです。

 

考える癖は、他には腕を組んだり、手を口に持っていったり、

頬杖をついたり、髪の毛や頭を触るなどがあります。

 

実を言うと、私は考える時に、これら全ての癖を

交互に出しながら考えているのですが、

他人から一番考えていると思われるのは、

人差し指を「コ」の字型に曲げて鼻の下に当てている時です。

 

この癖は、相手の事を真剣に考えているという印象を与えられるので、

悪い癖ではないと思います。