指で鼻の下をこする癖という事で、自分が当てはまります。

 

私は眼鏡をしていますが、眼鏡がずれてきて、

上に上げる時に右手の人差し指で眼鏡の真ん中を上げ、

その後、鼻を触り、鼻の下をこすって戻るという動作をしています。

 

していますというか、しているようです。

 

そのように会社の人に指摘されました。

 

自分では、そんなにしてるかな?と思っていたのですが、

考えてみると、実際してますよね。

 

それが癖っていうやつだと思いますけどね。

 

理由は何でしょうかね?

 

人としゃべっている時とかは、

話を半分しか聞いていないというのもあると思いますが、

あとはなんとなくですけど、においを嗅いでいる気もします。

 

そんなにニオイはしないですけどね。

 

あと、考えてみると、考え事をしている時にも

右手の人差し指は鼻の下をこすっているというか、

鼻の下に置いている事が多いですね。

 

今も、この文章をパソコンで打ちながら、

そんな癖をしている自分を発見しました。

 

なんでしょう?

 

収まりがいいというか、自然とそこに指が行く感じです。

 

右利きなので、鼻の下に指が行くのは右手ばかりですね。

 

左手の指はいきません。

 

それと、今考えると、鼻の下に手をやり、

鼻毛をいじっている気もします。

 

人がいない時だけですよ。

 

人前ではしませんからね。

 

もしくは、ヒゲを触って

伸びているかどうかを確認している自分もいます。

 

そんな事で、意外と鼻の下に指をやる事が多いんだなと改めて思いました。

 

あんまり顔を触るのは良くないと思ってますけどね。