人前で緊張したり、落ち着かない時、

鼻の下をつい指で触ってしまいます。

 

というのも、男女問わず、ジッと見られると、

「え?私、何か付いてるのかな?」と思って

気になってしまうからです。

 

鼻をこする030

イラスト by mimorika

 

ガンヴォルト爪(そう)の

パンテーラのイラストコンペ

受賞作品



朝、家を出る時に化粧をして出るし、チェックするので、

何も付いてないはずなのですが、不安になります。

 

触ったところで何も手に付かないので、それで

「ああ、ただ目が合っただけだ」と安心できるという感じです。

 

この癖に今まで気が付かれたのは一人だけ、パート主婦の方に

「あなた、ちょっと鼻に手をやる癖があるのね」と言われました。

 

別に「おかしいから止めなさい」とか注意するでもなく、

ただ言ってみただけのようで、それ以上は何もありませんでしたが、

その時に「ああ、これって癖なんだな」と初めて自覚したわけです。

 

目の周りや鼻の周りは、どうしても身出しなみ上、

どうしても気になる部分ではあります。

 

なるべく人の目には触れないように、

そっと触って確かめたいと心掛けてはいます。