小学校の頃から、鼻の下をかくような仕草が止まらないです。

 

たぶん、癖です。

 

鼻をほじる訳ではないです。

 

私は、今は社会人になりましたが、癖はそのままです。

 

仕事は普通の女子事務員です。

 

就職活動の時に、面接中に

この癖を出さないように、とても苦労しました。

 

その時に、この変なクセがあるので、

仕事も選ばないといけないと思い、単純な事務職に就いたのです。

 

しかし、仕事が暇になると、どうしても、手が鼻の下に行っています。

 

女性事務員は雑用係のようなものですが、

来客時にはお茶を出したりしますので、

あまりみっともない仕草は止めたいです。

 

さらに、メイクも鼻の下の辺りだけ、

とれてしまうので、メイク直しが面倒です。

 

鼻の下をいじっている最中に、上司が席の近くに来ると

少し嫌な気分になります。

 

ただ、私が思っているほど、

相手は自分の癖に気が付いていないみたいです。

 

この前、上司と話している最中に、私が、鼻をこすってしまったので、

「すみません、変なクセがあって・・・」と言ったのですが、

上司はピンと来ないようでした。

 

「鼻の下、触るの、どうしても癖で・・・」と少しペコッと謝ると、

ようやく気づいてくれたようです。

 

「ああ、そう、鼻、触ってた事すら気付かんかった」と言っていました。

 

なのでおそらく、他人は自分の事をそれ程見ていないのかもしれません。