私も子供の頃から人と話す時に、

鼻の下を人差し指でこする癖があります。

 

しゃべっている間、割りと一定の頻度で触っているみたいです。

 

心理学の専門ではないので、なんとも言えませんが、

以前、人間は緊張している時、自分の身体の一部に触れると

落ち着くと何かで読んだ気がします。

 

確かに、私はおしゃべりで楽しく人と話しているように見えますが、

実際にはかなりのプレッシャーを感じながらしゃべっています。

 

相手の反応を見ながら会話を盛り上げようと

常に意識してしゃべっているので、体はストレスを感じていて、

無意識にそのストレスを緩和、もしくは逃がす為に

鼻の下を触るのかもしれません。

 

私の場合は、友達からは口を押さえて笑っているのだと見えたらしく、

口を覆っているつもりかもしれないけど、

全然、口、隠れてないよと指摘され、

初めて自分が、いつもしゃべっている時に

鼻を触っている事に気が付いたのです。

 

ただ、年齢を重ねるに連れて、

若い時のような緊張感を抱く相手が減ってきたのか、

前ほど鼻を触っていないように思います。