私は、物心付いた頃から鼻の下をこする癖があります。

 

大人になった今でも、まだ、その癖は直っていません。

 

その癖に自分で気が付いたのは、小学校高学年の頃でした。

 

私が鼻をこすると、友達がふざけて私の真似をしたんです。

 

私は今まで無意識だったんですが、友達に真似された瞬間に、

カッと顔が熱くなるのを感じました。

 

すごく恥ずかしかったです。

 

私が鼻をこすってしまうのは、

手持ち無沙汰になった時や、恥ずかしい思いをした時など、

間を持たせる為だという事が分かりました。

 

今でも、自分で癖を分かっていながらも、

どうしても鼻の下をこすってしまう時があります。

 

きっと、もう自分を落ち着かせる為の行為だと思って、

気にしないようにしています。