子供の頃から鼻をいじるのが癖でした。

 

いじり過ぎて、鼻血を出していたぐらいです。

 

さすがに年齢が上がると共に、鼻血を出すと色々と面倒なので、

そこまでいじる事は無くなりました。

 

とはいえ、鼻の周りを触る事には変わりありません。

 

意外に、手というのは、雑菌で汚れているのだそうです。

 

その汚れた手で鼻を触るという事は、鼻に雑菌をすり込む事になります。

 

結果として、「風邪を引きやすくなったりします」と、

母親から散々指摘されてきた事なんですけど・・・。

 

とりあえず、学生のうちは風邪を引いても、

欠席すれば良いんですから、どうとでもなります。

 

しかし、仕事をするようになると、そうも言ってられない状況が増えます。

 

風邪でフラフラなのに、仕事するのは、やっぱり辛いです。

 

風邪を治すのに、お金もかかりますし・・・。

 

それなら原因となる癖を止める事にしました。

 

でも、どうしても痒くて手が出てしまう時は、

タオルなどで拭く事にしています。

 

これで、かなり風邪を引く率が減りました。

 

何とか癖を止められましたが、状況に追い詰められて、

どうしようもなくなったから、止められただけとも言えます。

 

支障が無ければ、今も続けていたと思います。