私もかつて、小・中学生の頃は

人差し指で鼻の下をこする癖がありました。

 

しかし、ある時、たまたま

自分が鼻を擦っているところが写り込んでいる写真を友人が持っていて、

その姿を見て、あまりにもみっともなくて、

ゾッとしたのをきっかけに、この癖を止めました。

 

自分が思っているよりもずっと

鼻を擦っている姿というのは恥ずかしいものです。

 

その事に気付けば、皆さんもきっと

二度とやりたくないと思うでしょう。

 

一度、お友達に鼻を擦っている瞬間を

スマホで撮ってもらってみてはいかがですか?

 

現実を目の当たりにすると、きっと、

あまりのみっともない自分の姿に「ハッ!」と気付くはずです。

 

一度、ショックを受けると

意外と簡単に変な癖は止める事が出来るものです。