クセというものは、

誰にでもあるものなのではないかと思います。

 

人に見られたくないクセ、

どうしても止められないクセ、

恥ずかしくてもやってしまうクセ・・・。

 

私のクセは、

鼻の下を人差し指でこすってしまうというクセです。

 

鼻をこする004

イラスト by 出汁汁

 

ガンヴォルト爪(そう)の

パンテーラのイラストコンペ

受賞作品



物心付いた頃からのクセなので、

大人になった今でも止める事が出来ないクセなのです。

 

初めて指摘されたのは、中学生の頃、

自分に注目が集まった時や、

発言する時などにやっているようで、同級生に、

「いつも鼻の下こするよね~」と言われて気にし出しました。

 

社会人になった今では、

恥ずかしそうに見えてしまうというマイナス面も理解しているので、

プレゼンテーションや会議に出る事も多いので、

なるべくクセが出ないように気を付けています。