話をしている時や考え事をする時に

利き手である片手の指を鼻の下に持って行く・・・。

 

そういう人っていますね。

 

親指をアゴの所にするのも同じような気持ちの時でしょう。

 

何かを尋ねられて、どのように答えようか迷っているという感じ・・・。

 

頭の中で問われた事と答えが交差しているかと思います。

 

考えながら数十秒や分単位などの間を埋めつつ、

ちょっとカッコつけている雰囲気も、仕事時間でスーツ姿の男性ならば、

結構サマになるし、表情によってはユニーク。

 

クシュクシュは、あまりしない方が紳士的ですが、

印象として、じっくり考えていると思えれば、

慎重な心持ちがうかがえて好印象という事も・・・。

 

鼻の下に指に限らず、身体のどこかのパーツを動かす癖では、

考えがまとまっていないとか、

落着いていないシュチュエーションなんだと考えます。