鼻の下をこする癖のある人って、けっこういますよね。

 

私自身は、あまり自分で気にした事は無いのですが、

鼻の近くに手をやる事は多いような気もします。

 

ああいう仕草って、深層心理的に何かを表してそうな気がするのですが、

具体的にどういう心理の表れなのでしょうか?

 

例えば、異性と話している時に、鼻の下をこする女性がいます。

 

これは、どうやら照れ隠しである事が多いようです。

 

鼻の下をこする事で口元を隠し、自分の表情や

ニヤけた口元を悟らせまいとしている訳ですね。

 

私は、この仕草が、とても可愛らしいと感じます。

 

鼻をこする035

イラスト by bellmom528

 

ガンヴォルト爪(そう)の

パンテーラのイラストコンペ

受賞作品



照れている女性というのは、男性を惹きつけるものなのです。

 

男性でも鼻の下に手をやる人がいます。

 

もちろん照れ隠しの場合もあるでしょうが、時にそれは、

何かやましい事を隠している仕草かもしれません。

 

他人に嘘をつく時、人は無意識に身体の上から順にサインを発するそうです。

 

例えば、髪の毛をいじる、メガネを直す、視線が彷徨う、

鼻の下を触る、肩をいじる、というような感じですね。

 

別段、鼻の下をこする癖を持ち合わせていないような人が

無意識に行ってしまうと、もしかしたら

後ろめたい心理が顔をのぞかせてしまったのかもしれません。

 

このように、鼻をこするという動作一つで、

いくらでも他人に深読みされてしまうのです。

 

自分では何の意味も無くしているつもりでも、

それを気にしている他人が身近にいるかもしれません。

 

一度、無意識の自分に意識を向けてみるのも良いのではないでしょうか?