暇な時には、鼻の下を擦ってしまいます。

 

何もやる事が無いと、鼻を触る事があります。

 

鼻を触っていると、どうしても痛くなってしまいます。

 

そうなると、鼻の下を触りたくなります。

 

触っているよりも、人差し指で擦った方が、ホッとします。

 

10分くらい擦っていると、ストレスも無くなります。

 

落ち着きますし、頭も冴えてくるのが楽しいのです。

 

テレビを観ている時にも、鼻の下を擦ってしまいます。

 

テレビを観ていると、手が空いてしまいます。

 

何か食べる物があればいいのですが、無い時には鼻の下を擦ってしまうのです。

 

不安になった時にも、鼻の下を擦ってしまいます。

 

特に、金銭的に不安がある時には擦ります。

 

気が付くと、鼻の下が赤くなっています。

 

問題の解決策を考えている時にも、鼻の下を擦ります。

 

その問題がなかなか分からず、真剣に考えれば考えるほど、擦りたくなります。

 

眠くなった時にも、人の前でも擦ってしまいます。

 

あくびをしながら擦っては、人から「子供のようだ」と笑われたりします。

 

人に褒められたり、上手く出来た時には、鼻の下を擦ります。

 

とても嬉しく、人に自慢したくなった時にも、擦ります。

 

特に、親に褒められたりすると、本当に嬉しくなります。

 

あまり褒められる事も無いので、そんな時に褒められたりすれば、本当に嬉しくなります。

 

大人になって親に褒められるというのは、本当に嬉しく、頑張ろうと思う励みになります。

 

何歳になっても子供は子供で、親の前では鼻の下を擦って自慢気に微笑んでしまうのです。